直接番号交換OKなメル友サイト一覧



【オススメポイント】
地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
出会いに効果的な機能が満載の人気のメル友も作れるサイト!管理人イチオシです♪




【オススメポイント】
会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーもカンタンなので初めての方にも安心の優良のサイト。




【オススメポイント】
オープン制で招待がなくてもすぐに使えるから安心♪
本気で恋愛したい男女がだけが登録できるので冷やかしはありません!




【オススメポイント】
すべての機能が使いたい放題の無料メル友サイト!
占いやゲーム機能もあるので返事待ちの間も退屈させません☆


最新情報

2014年6月30日
メル友と会う
同じご当地グッズが好きなメル友
最近は、各都道府県でご当地キャラクターが考えられるようになってきています。こうしたご当地キャラクターによるご当地グッズにも色々なものがあり、旅行に行った時のお土産などにすると大変人気がありますね。中には、このようなご当地・・・
2014年6月28日
メル友と会う
会えないような距離
メル友は基本的にメールでやり取りを続けていく友人ですが、親しくなればリアルの友人になることも少なくありません。実際、インターネットで気軽にメル友作りができるようになった今日では、そのような形で結びついた人たちもたくさん存・・・
2014年6月26日
メル友と会う
相手は暇だったら即返事
メル友にすることでダメなことは何点かありますが、その中でも自己完結メールは 送信されても全然楽しくありませんね。 もちろんファーストメールで自己紹介ばかりして相手のことに興味も表さないのも だめですが、ファーストメールが・・・
2014年6月24日
メル友と会う
長文で改行もあまりないメールはすごく読みづらい
ノートならば、文字が綺麗か、汚いけれど、読みやすいかが基準になって、 文字が汚なければ、人に貸す時、ノートは見やすいよう出来る限り綺麗な文字で 書こうとしますね。 メル友では言葉は入力だけなので、綺麗、汚いはないので、意・・・
2014年6月20日
メル友と会う
お互いを理解
若い世代の間で人気のある、メル友探し。十代の頃は気軽にメールでやりとりができる友達を求める人が多いですが、二十代、三十代となると次第に趣旨は変わってきます。この年代になると、友達よりも恋人としての出会いを求める人が多くな・・・

同じご当地グッズが好きなメル友

最近は、各都道府県でご当地キャラクターが考えられるようになってきています。こうしたご当地キャラクターによるご当地グッズにも色々なものがあり、旅行に行った時のお土産などにすると大変人気がありますね。中には、このようなご当地グッズをコレクションしているという人もいらっしゃると思います。
しかし、これを一人でコレクションしていくというのはなかなか大変なことでしょう。旅行に行くにしてもお金と時間に余裕があるときでないといけません。また、ご当地グッズには興味があるけど、なかなか旅行にいく機会がないという人も少なくないと思います。
そんな人たちのためにご当地グッズの通販サイトが存在しますが、これだけでは手に入らないものもあるかもしれません。オークションという手もありますが、本来の値段よりも高くなってしまうこともあるでしょう。そもそも、このようなネット上での購入となると、送料や手数料がかかってきてしまう可能性もあります。
そこでオススメなのが、同じご当地グッズが好きなメル友を作って、お互いにお互いの近くの都道府県のグッズを交換したりプレゼントし合ったりすることです。自分がなかなかいけない地域を指定してメル友を募集するわけです。こうすればお互いにお互いのほしいものを贈り合いながら交流も深めていけますね。ゆくゆくは一緒にご当地キャラグッズを求めて旅行したりもできるでしょう。
このように、ご当地グッズが好きな人同士で地域別のメル友を探してみるのもなかなか面白いものです。興味がある人は、募集してみてはいかがですか?

会えないような距離

メル友は基本的にメールでやり取りを続けていく友人ですが、親しくなればリアルの友人になることも少なくありません。実際、インターネットで気軽にメル友作りができるようになった今日では、そのような形で結びついた人たちもたくさん存在します。
もしもメル友から親しくなったらリアルで遊んだりしてみたい…と思っているのであれば、探す時にちょっとした工夫をしてみてはいかがでしょうか。最近のメル友募集掲示板などには、募集する相手を地域別に指定できるような機能も充実しています。これを利用すれば、自分の住んでいる近くに限定してメル友を探せるため大変便利です。
やり取りをしていくうちにものすごくウマが合って、リアルでも遊んだり食事をしてみたいと思うことはあるでしょう。でも、せっかくそう思ったとしても、相手が新幹線や飛行機を使わないと会えないような距離にいたのでは、日頃から気軽に遊ぶことはできませんね。休日や仕事が終わったあとなどに気軽に誘って買い物や食事に行けるのは、やはり住みが近い人でなければなりません。できれば同じ市内やお隣の市内、せめて同じ県や隣の県くらいに絞って探してみるようにしてください。
近年はメル友探しをする掲示板やサイトの機能もどんどん使いやすいようになっています。そのため、中には都道府県別だけでなく、市区町村別まで細かく指定して相手を募集・検索できる機能も充実しているといいます。そうしたサイトをうまく活用して、リアルで遊ぶ友人に発展した時も付き合いやすい相手を探していきましょう。

相手は暇だったら即返事

メル友にすることでダメなことは何点かありますが、その中でも自己完結メールは
送信されても全然楽しくありませんね。
もちろんファーストメールで自己紹介ばかりして相手のことに興味も表さないのも
だめですが、ファーストメールがラッキーで返事があったとして、そのごも
自分中心のことばかりで主張が続き、自分のことでメールが終わってしまう
メールは受信側は、何を返事すればいいのか返事しにくくなります。
たとえば、
「暇~」と主張されても、相手は暇だったら即返事してあげようとは
思いません。
かえって、それなら自分は時間つぶし?と気分も悪くなり
暇だと何度も言われると退屈な人というイメージになります。
自分で陶酔しているような詩的なメールも嫌がられます。
本人は気持ちをこめて書いて、真面目なつもりでも、すごく盛り上がりすぎたり
正義をアピールしている自分に陶酔したりしてないでしょうか?
「深夜に書くラブレターは朝に読みなおすべし」という言葉もあります。
夜に書く文は自己陶酔しがちなのでメールを送信する前に絶対に見直してください。
メールは言葉だけのコミュニケーションのため、「言葉のキャッチボール」が大事になります。
メールはダイアリーとは違うので自分のことばかりではなく、相手のことも聞くこと、
相手のメールの中身に返信することが大事です。
自己完結メールではメル友とは長続きしません。

長文で改行もあまりないメールはすごく読みづらい

ノートならば、文字が綺麗か、汚いけれど、読みやすいかが基準になって、
文字が汚なければ、人に貸す時、ノートは見やすいよう出来る限り綺麗な文字で
書こうとしますね。
メル友では言葉は入力だけなので、綺麗、汚いはないので、意識しないでしょうが、
読みやすい、読みにくいメールというのがあります。
たとえば、長文で改行もあまりないメールはすごく読みづらいですね。
改行を何度もするのと、行間をあけるとメールが見やすくなります。
標準は1業は30~40文字ぐらいで、3~5行で行間を入れると見やすいようです。
(PCの画面の場合であって、携帯とは異なります。特にPCから携帯に送信する時は
気をつけてください)
また半角カナをたくさん使うと読みづらくなりますね。
中身は長い文でだらだら書くより、簡単にまとめ、メールの中身がひと目でわかる
タイトルをつけましょう。
でも短文すぎるのは愛想もなく気分が悪いのかと思われることもあります。
誤字や脱字が多いメールも読みづらいですね。
早く返信したいと思う気持ちもわかりますが、
メールを書いた後、必ずメールを読みなおしてみましょう。
漢字の変換間違いは結構多いので注意です。
どんなにメールの中身が面白くても、いつもメールが読みにくいと読むのもおっくうになります。
まず読みやすいメールを書くように工夫しましょう。
ちょっと心がけるだけでまったく印象が変わってきます。

お互いを理解

若い世代の間で人気のある、メル友探し。十代の頃は気軽にメールでやりとりができる友達を求める人が多いですが、二十代、三十代となると次第に趣旨は変わってきます。この年代になると、友達よりも恋人としての出会いを求める人が多くなってくるようです。
初対面で直接相手に会うとなると、なかなか緊張したり話題がなかったりで関係が微妙になりがちです。しかし、メル友であればそのような心配はありません。相手を慎重に観察しながら少しずつ距離を縮めていけるので、お互いを理解しやすいわけですね。そのため、親しくなってから直接会ったとしても、気まずくなってしまうことがないのです。ゆくゆくお付き合いをすることを考えた場合、このようなメル友の関係は非常に適していると言えるでしょう。
しかし、出会いを求めてメル友を探しているという人は、注意しなければならないことがあります。自分が出会いを求めていても、同じ世代の全員がそうとは限りません。中には、純粋に友人関係を求めてメル友募集をしている人もいるわけです。そのような相手に出会い目的で接触するのは、自分の印象を悪くするだけです。相手の募集内容などをちゃんと読んで、出会い目的でない相手には注意するようにしてください。
また、出会いを求めてメル友を募集したいという場合には、しっかり募集記事にその旨を書いておくようにしましょう。きちんと書いておかなければ、友人関係を求める人がコンタクトをとってきてしまいかねません。そうなればお互いに気まずいことになりますから、気をつけてくださいね。

最初にファーストメールを送信

メル友との関係をキープしたければ、もちろんメール交換が楽しいことが
一番です。
メル友でぴったり合う相手を見つけるにはどのようにすればいいのでしょう。
最初にファーストメールを送信するため、相手の自己紹介や一言メッセージを見ますね。
自己紹介の項目はサイトによりますが、少し違うことがありますが、ほぼ同じです。
ハンドルネーム、年齢、身長、体重、居住地域、血液型、星座、職業、趣味、
関心ごと、ルックス、性格等の項目があって、好きなアーティスト、映画等です。
年齢は年代でのギャップがあるので、自分と同じくらいの年のほうが話はしやすいでしょうが、
自分より上で、経験豊富な人が、相談にのってほしい時にはいいかもしれませんね。
同じ趣味、好みの音楽、映画が同じならば、話が盛り上がることも多いでしょう。
ルックスはメールなので関係ないかもしれませんが自己紹介に写メを掲載している人が、メル友が出来やすいということも
多いのです。
顔がわからない匿名性が、メル友の利点でも、どのような人かわかっているほうが親しみが
わきますね。
自己紹介を見る時大事なことはたくさんありますが、参考ぐらいにしてこれといった決めてもないように思います。
直感が一番の決め手かもしれません。
なんとなく気になる、友達になってほしいなと思い、メールのやりとりで相手がわかってくると
気があいそうだと思う。
気のあう相手を見つけるこれといった手段はなく、効率よくは探せませんが、現実社会でも気のあう相手を見つけるのも
同じでしょう。

メル友と長続き

ファーストメールでメールの返事がきて、その後数通で自己紹介や趣味のことを話すと
4~5回めのメールで「何を話したらいいのだろう」と話題不足になったまま、返信できずそのまま
なんとなく日が過ぎ、いまさら返信するのもなあーとメル友が続かなくなる場合も多いようです。
ファーストメールの返信があれば、メル友と長続きする次の段階は、4~5回目のメールでしょう。
どんなに同じ趣味の話が楽しくても、お互いマニアでもないかぎり趣味の話も終わり、いつも趣味の
話もなーと感じるのも4~5回目です。
新しい話題が必要な時ですが、4、5回のメール交換で大体どのような人かわかってきているので
いつも共通の話題にする必要はありません。
何を話そうかと悩むこともありません。
友達と話す時も、前もって「この話をしよう」と考えないですね。
それと同様です。
最近夢中になっている食べ物や、今日買った雑誌に載っていた特集の話等、普段の会話の中から
どのように暮らしているか、何を考えているか、わかるので何を話したらいいかわからないと
悩まずメールを書きましょう。
でも「暇すぎ‥」、「何か面白いことないかなー」のようなメールはメル友へのメールではないですね。
相手もそのようなメールを見ても楽しくないでしょう。
メール交換の4、5回がクリアできれば、安心です。
メル友と長く続けられる可能性がアップします。

自己完結メール

前述しましたが、メル友に自分のことばかり話す自己完結メールはだめですと言いましたが、
相手のことを知りたいという思いがあったとしても、相手に質問ばかりするのはだめです。
たとえば恋愛の秘訣の一つとして、好きな人にメールする際、返事がほしいから
絶対に質問を書くといいと聞きます。
確かに質問されると答えようとするため、返事をする確率は高まるかもしれませんが、
同時に好感度もあがってますか?
メールにマメな人ならいいですが、1日に数通の好感で充分という邪魔くさがりな人もいます。
そのような人に、メールで質問をして相手が返事して、その返事の返信に質問を入れ‥と
何度もしているとメールが終わらず疲れることもあります。
メル友の募集をしているという時点でメールが邪魔くさいという人は少ないでしょうが、
相手にいろいろ質問を繰り返したり、返信に困るような質問をする等
まだ仲良くなっていない時点で個人的なことを聞くことはやめたほうがいいでしょう。
他の質問もしたのにその答えに興味をしめさなかったり、うわべだけで共感しているように
見せかけるのも相手に対して失礼なことです。
メールを通じてお互いに理解していくことは大事ですが、理解したいから質問するというのではなく
メール交換の中で少しずつ分かっていくというほうがいいですね。
少しの質問ならいいですが、質問する方法には注意が必要です。

「地域を限定して探す」

パソコンや携帯電話のメールでのやり取りが主流となるメル友には、お互いについての詳しい情報は基本的に必要ありません。どんな姿なのか、どこに住んでいるのか、本名はどんな感じなのか…など、そういった情報を伏せて気楽な付き合いを楽しむことができます。
しかし、中にはお互いのウマが合い「リアルでも会って遊んだり食事をしてみたい」と思うような関係に発展することもあるようです。機会があればリアルの友達まで発展したいと考えているのであれば、メル友を作るときに少し工夫してみることをお勧めします。
どのように工夫してみるのかというと、「地域を限定して探す」のです。例えば、掲示板を利用してメル友を探す場合で考えてみましょう。この場合、掲示板の中でも地域別でメル友探しができる機能があるところを利用すると非常に便利です。仮にそのような機能がなかったとしても、募集の時の書き込みに「○○限定で探しています。」などを付け加えればOKです。例えば自分が大阪在住だった場合、大阪限定で相手を探せば良いということですね。こうすれば自分の住んでいるところに近いメル友を作れるので、気軽にリアルの付き合いに持っていくことができますね。
基本的にメールのやり取りをするのがメル友ですが、時にはとても波長が合ってしまうもの。そうなれば、一度は実際に会って一緒に遊んでみたくなりますよね。ウマの合うメル友とはいずれリアルでお付き合いできる仲になりたいと考えているのであれば、利用する掲示板や募集方法を工夫してみてくださいね。

同じ世代のメル友

メル友といえば、十代や二十代の世代を中心に注目されているというイメージを持っている人は多いと思います。しかし、最近は決してその世代だけが注目しているというわけではありません。実は専業主婦をしている方や育児中の方が、ママ友のメル友を探すケースが増えてきているのです。
育児中で、特に子供が小さい頃はなかなか自由に外に出ることができません。また、ママ友が欲しいけどなかなか同じ年代のママ友と知り合う機会がなかったりすることもあるでしょう。そんな時に便利なのが、ママ友とメル友になることです。
育児でなかなか外に出られなかったとしても、同じ世代のメル友がいれば共通の趣味などで盛り上がることができますね。また、ママ友同士であれば育児で悩んでしまった時でも、気軽に相談し合うことが可能です。子供が同じ年代であれば、リアルで会って遊ばせることもできるでしょう。このように、メル友でママ友を作ることで、様々な面でお互いに助け合ったり協力し合うことができるようになるわけですね。
ちなみに、ママ友のメル友を探しているのは、必ずしも若い世代のお母さんたちだけじゃないといいます。中には四十代や五十代くらいの人も存在するのだとか。このくらいの年代になると子供もある程度大きくなって、自分の時間を持てるようになります。そのため、その時間を趣味などに費やそうと、同年代で気の合うメル友を探す人が少なくないようですよ。
リアルでママ友を作る機会がない…というのであれば、メル友で気の合うママ友を探してみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ